TOP > オープンセミナーを探す > プロジェクトマネジメント入門講座

満員

プロジェクトマネジメント入門講座 (4118075)

□このページをPDFダウンロードする□簡易見積書をPDFダウンロードする

本セミナー満員のため急きょ10月18日に追加開催することとなりましたぜひご参加ください!
⇒⇒⇒10/18開催のお申込みはこちらから
プロジェクトマネジメントの基礎を1日で!『プロジェクトマネジメント入門講座』
成功のためにはスタートが肝心!プロジェクト計画の必要性やプロジェクトマネージャの役割について、全体の流れと重要なポイントを理解していき、要求事項の収集、スコープ、WBSなど、プロジェクトマネジメント計画に必要な基本概念の理解を深めていきます。プロジェクトを円滑に進めるためにはどのような点に考慮すべきか、実際に講師が担当したケースを用いて、演習で学びます。 また、数多くのプロジェクトマネジメントを手がけた講師より、失敗・成功事例もご紹介します。11月5日開催「プロジェクトマネジメント計画書の作り方」とあわせて受講していただくと効果的です。

日時

2018年10月12日(金) 10:00-17:00

カテゴリー

IS戦略実行マネジメント・プロジェクトマネジメント専門スキル

講師

福田祥司 氏
(インテリジェンスフィールド合同会社  代表 )

コンピュータメーカー系ソフトウエア会社、総合化学系情報システム会社にて様々な業界業種向けに数々のSI案件、大型プロジェクトを担当
インテリジェンスフィールド合同会社を設立し、現在は、企業向けに人材開発、組織開発、経営コンサルティングの3分野のサービスを御提供している
プロジェクトマネジメント分野では、25年間のプロジェクトマネージャー経験を生かし、プロジェクトマネジメント実務、プロジェクトマネージャー育成、プロジェクトチーム創りなどの支援を行っている

高度情報処理プロジェクトマネージャー、ITストラテジスト、アプリケーションエンジニア、ITコーディネーター、PMI認定PMP
一般社団法人全国チームコーチ連盟理事


参加費

JUAS会員/ITC:33,000円 一般:42,000円(1名様あたり 消費税込み、テキスト込み)【受講権利枚数1枚】

会場

一般社団法人日本情報システム・ユーザー協会(ユニゾ堀留町二丁目ビル2階)

対象

新たにプロジェクトに携わる方(新人・配転者の方)
プロジェクトマネジメントを改めて体系的に学びたい方
初級

開催形式

講義、グループ演習

定員

21名

取得ポイント

※ITC実践力ポイント対象のセミナーです。(2時間1ポイント)

ITCA認定番号

ITCC-CPJU9327

ITCA認定時間

6

主な内容

本セミナー満員のため急きょ10月18日に追加開催することとなりましたぜひご参加ください!
⇒⇒⇒10/18開催のお申込みはこちらから
 


まず、プロジェクトの特性とプロジェクトマネジメントプロセスについて理解を深めていただきます。プロジェクトの目標設定の重要性とプロジェクトマネージャーの役割について理解したうえで、演習1では事例を基にしたケースを使ってプロジェクトマネジメントが機能するためにはどのようにしたらよいのかを考察します。

次に、プロジェクトマネジメントのスタンダードであるPMBOKの御紹介の後、プロジェクト立ち上げの時の重要性について解説し理解いただきます。演習2ではケースを使ってプロジェクト立ちあげ時のポイントを整理し理解を深めていきます。

その次に、スコープマネジメントの重要性とプロジェクトマネジメント計画書作成のポイントを解説します。演習3では、ケースを基にプロジェクトマネジメント計画書のマネジメントプロセスを検討しプロジェクトマネジメント計画書を作成していただきます。そして、プロジェクトマネジメント計画書に基づくマネジメント作業の実施とモニタリング、コントロールによってプロジェクトを成功に導くポイントを理解いただきます。

このコースによって、プロジェクトマネジメントの基本的で最も重要なポイントを理解していただきます。


<プログラム>
1.オリエンテーション
プロジェクトマネジメント
(1)プロジェクトとは
 ・プロジェクトを実施する目的やニーズ
 ・プロジェクトの定義と特徴
(2)プロジェクトマネジメントとは
 ・マネジメントプロセスとプロダクトプロセス
 ・プロジェクトマネージャーの役割
< 演習1 > なぜプロジェクトは失敗するのか

3. PMBOKガイド
(1)PMBOKガイドの御紹介(第6版)
 •5つのプロセス群、10の知識エリア、49のマネジメントプロセス
 •PMBOKガイドの活用

4. プロジェクトマネジメントのポイント
(1)プロジェクトの立ち上げ
 •プロジェクトの選定
 •プロジェクトマネージャーの任命
<演習2> 成功を左右するプロジェクトの立ち上げ(プロジェクト憲章)
(2)プロジェクトスコープ
 •要求事項の収集とスコープの定義
 •スコープ記述書とWBS
(3)プロジェクトマネジメント計画
 •プロジェクトマネジメント計画書
 •ベースライン(スコープ、スケジュール、コスト)
 •リスクマネジメント
<演習3> マネジメントの質を上げるプロジェクトマネジメント計画書
(4)プロジェクトコントロール
 •パフォーマンス状況の把握とコントロール
 •将来予測
 •変更管理

5.まとめ
(1)一日のふりかえり
(2)質疑応答


<受講者の声>
・今まで体系的に学んだことのなかったPM手法について講義形式と実際の演習を通して楽しく学ぶことが出来た。
・入門として内容が分かりやすかった。プロジェクトマネジメントを演習を通して考えることが出来たこともよかったと思う。
・今後に活用できる知識が得られた。
・これまで混同していたプロジェクトマネジメントとプロダクトマネジメントの違いを整理できた。
・プロジェクトマネージャーの役割、プロジェクト立ち上げ時に必要となるものを学ぶことが出来た。
・今までの経験で行ってきた方法、観点、考え方と異なるものが得られたため。

トップページへ戻る