TOP > オープンセミナーを探す > できることから始めよう、ITILの導入~ITサービス要員の育成と適用ステップを考える~

できることから始めよう、ITILの導入~ITサービス要員の育成と適用ステップを考える~ (4117120)

□このページをPDFダウンロードする□簡易見積書をPDFダウンロードする

ITサービスの高度化を追求するため「ITILの導入」を考えているが、敷居が高いと感じ、踏み切れない方が多いと思います。そういった場合には中核となるスタッフを育成し、日常業務に埋没されないで適用していくことが必要です。どうやって、ITILで紹介されるベタープラクティスを適用するかについて解説します。併せて、どのようにスタッフを育成し、日常業務から徐々に適用範囲を増やしていくかを解説します。

開催日時

2017年11月7日(火) 10:00-17:00

カテゴリー

IS戦略策定・IS戦略評価・IS企画・IS企画評価 IT基盤構築・維持・管理 IS戦略実行マネジメント・プロジェクトマネジメント IS運用 共通業務(契約管理、BCP、コンプライアンス、人的資産管理、人材育成、資産管理)・セキュリティ・システム監査専門スキル

講師

丹下勉 氏
(NECソリューションイノベータ株式会社 NIS事業本部 エンタープライズシステム事業部 事業部長 )
日本電気経営情報システム株式会社にて情報システムの世界に入る。以来、生産管理システムの開発・運用・保守、社外Webサイトの開発・運用・保守を担当。システム運用サービスの体系化と標準化を実践中。システム運用サービスの向上に、「現場革新の考え方を取り入れる」「資格取得推進をサポートする」など、メンバーのモチベーションアップや全社レベルでの運用サービスの高度化を推進し、現在に至る

井戸川 誠 氏
(NECソリューションイノベータ株式会社 NIS事業本部 プラットフォームサービス事業部     グループマネージャ  )
小口 和弘 氏
(NECソリューションイノベータ株式会社 NIS事業本部 プラットフォームサービス事業部     マネージャ )

参加費

JUAS会員/ITC:33,000円 一般:42,000円(1名様あたり 消費税込み、テキスト込み)【受講権利枚数1枚】

会場

一般社団法人日本情報システム・ユーザー協会(ユニゾ堀留町二丁目ビル2階)

対象

ITILの導入を考えている企業の担当者
ITサービスの高度化を考えている企業の担当者
  初級

開催形式

講義、グループ演習

定員

20名

ITCA認定番号

ITCC-CPJU9286

ITCA認定時間

6

お申し込み

主な内容

ITサービスの世界は、60~70%のシステム運用を中心にサービス業務内容において、二つの相反する側面を有する特殊な環境にあります。すなわち、安定かつ効率よく、365日24時間、絶え間なくサービスし続ける中で、サービスの高度化を要求されます。そういった場合に「フレームワーク」という魔法の薬が効くと説明されても、導入に踏み切れない会社部署は多いはずです。また、ITサービスの高度化を追求するため「ITILの導入」を考えているが、敷居が高いと感じ、踏み切れない方が多いと思います。

そういった場合には中核となるスタッフを育成し、日常業務に埋没されないで適用していくことが必要です。どうやって、ITILで紹介されるベタープラクティスを適用するかについて解説します。併せて、どのようにスタッフを育成し、日常業務から徐々に適用範囲を増やしていくかを解説します。


◆主な研修内容:

第一部:人財の育成
1.サービスを向上させたいと考え、行動する人を育てよう
 (1)始めに柱を2本建てよう
 (2)考える機会をどう増やしていくのか
 (3)行動する機会をどう増やしていくのか
2.ITILの用語を理解する人を増やそう
 (1)なぜITILの用語を理解する必要があるのか
 (2)最初は何かインセンティブがある方が増やしやすい
 (3)流れを上手く利用しよう

第二部:ITILの導入ステップ
3.ITILを導入しよう
3-1.オペレーション「カイゼン」から始めよう
 (1)まずは実行(データ収集・分析・改善)しよう
 (2)4P(People,Process,Product,Partner)に着眼しよう
3-2.いつも難航するトランジッション(移行)を考えよう
3-3.デザイン(設計)に反映させて効果を高めよう
3-4.ストラテジ(戦略)から見直して価値を大きくしよう
3-5.継続的なサービス改善を根付かせよう
お申し込み
トップページへ戻る